保育料無償化と秋田県の助成制度について

保育料無償化と秋田の助成制度 秋田県
男児の母
男児の母

こんにちは、男児の母(@chi31123306)です。
無償化って、いい言葉ですね。
でも保護者負担、ありますよー!

今回は、保育料無償化に合わせて秋田県の助成制度についてもお話します。

スポンサーリンク

保育料

令和元年10月から「就学前教育(保育・幼児教育)の無償化」が実施されます。

認可施設を利用する子ども

3~5歳

認可施設幼稚園、保育所、認定こども園など)を利用する3歳~5歳までの全ての子どもの利用料が無償化されます。

幼稚園は月額上限25,700円(国立大学付属幼稚園8,700円)まで無償化されます。

0~2歳

住民税非課税世帯の子どもが無償化されます。

(秋田県では保育所等を利用する最年長の子どもを第1子とカウントし、0歳から2歳までの第2子は半額、第3子以降は無償となります。)

対象となる施設・事業

認可施設(幼稚園、保育所、認定こども園など)に加え、地域型保育、企業主導型保育業も同様に無償化の対象とされます。

認可外保育施設を利用する子ども

無償化の対象となるためには「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

3~5歳

3歳~5歳までの子どもは月額37,000円まで無償化されます。

0~2歳

0歳~2歳までの住民税非課税世帯の子どもは月額42,000円までの利用料が無償化されます。

対象となる施設・事業

認可外保育施設に加え、
一時預かり事業、病児保育事業、ファミリーサポートセンター事業が無償化の対象となります。

就学前の障害児

就学前の障害児の発達支援を利用する子どもについても、3歳から5歳までの利用料が無償化されます。

保護者負担について

通園送迎費、行事費などは保護者負担となります。

また、今までは保育料+主食費が保護者負担となってました。それが無償化後に変わります。

分かりやすいように図を見てみましょう。

無償化後の保護者負担

このように、今まで保育料に含まれていた副食費は保護者負担となりますので、給食費は保護者負担となります。

また、給食費は施設ごとに異なりますのでご確認ください。

ママ1の声
ママ1の声

保育料無償化って、そういうことか!
私は以前から主食持参だったから副食費だけ納めればいいのね。

秋田県助成制度

保育料助成制度

経済的支援では子ども1人当たり助成額が全国第1位と言われた秋田県の保育料助成です。

助成の概要

対象年齢
0歳から就学前まで

対象施設
認可保育所、幼稚園、認定こども園、認可外保育施設 等

所得制限
幼稚園は世帯年収約680万円まで、保育所は世帯年収約640万円まで助成割合 

助成割合
・市町村民税所得割課税額に応じ、1/2または1/4
・ひとり親家庭は一律1/2
・平成28年4月2日以降に第3子以降が生まれた世帯については第2子以降の保育料を全額助成
・平成30年4月2日以降に生まれた第2子以降の保育料を全額助成
・平成30年4月2日以降に第3子以降が生まれた世帯については所得制限を緩和し、第2子以降の保育料を半額助成(世帯年収約930万円まで)

 ※市町村によっては、独自に上乗せして助成を実施している場合があります。    

副食費助成制度

秋田県ではこれまで実施してきた保育料の助成に加えて、「就学前教育(保育・幼児教育)の無償化」に伴い副食費を助成します。

助成の概要

対象年齢
3歳から就学前まで

出生順位
第1子から

対象施設
認可保育所、幼稚園、認定こども園、認可外施設など

所得制限
世帯年収約360万円~

助成割合
・市町村民税所得割課税額に応じ、1/2または1/4
・ひとり親世帯は一律1/2
・平成28年4月2日以降に第3子以降が生まれた世帯の第2子以降の副食費を全額助成
・平成30年4月2日以降に生まれた第2子以降の副食費を全額助成

秋田県の副食費助成についてはこちらをご覧ください。
秋田びじょん 2019年9月10月号 P.8

ママ2の声
ママ2の声

秋田県では副食費も負担してくれるなんて育児に手厚いわ!

※副食費助成は各市町村で異なります。

秋田県内の25市町村のうち半数を超える14で全面無料となるそう。

全面無料にする方針の自治体は能代、横手、由利本荘、にかほ、仙北の5市と小坂、三種、八峰、五城目、八郎潟、井川、美郷の7町、上小阿仁、東成瀬の2村。
鹿角市は世帯年収に上限を設けて無料化し、大潟村は一律半額に抑える考え。

秋田以外の東北5県は副食費の助成事業を行わない。
県からの財政的下支えがないためか、全面無料化を打ち出す市町村は現時点で限定的だ。

河北新報社調べ 2019.08.31

全面無料化を打ち出す市町村が限定的、とありますが、他県でも続々と副食費無料化をする市町村がでてきています。

是非「ご自身の自治体 副食費」で検索してみてくださいね!

秋田県の少子化対策

少子化が進む秋田県ですが、それぞれの市町村で様々な少子化対策に取り組んでいます。

医療費、出産祝い品(金)などの子育て支援や、民間での取り組みもあるので随時紹介をして、「子育てのしやすい秋田」を広めていきたいと思います。

男児の母
男児の母

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
よろしければ男児の母(@chi31123306)のフォローお願いします。

タイトルとURLをコピーしました