乾癬に理解を、前向きな治療を。

朝日新聞 乾癬患者会に聞く NEWS

乾癬の取材を受けたのは大蔵由美さん(特定非営利活動法人東京乾癬の会P-PAT理事長)、上野雄一郎さん(京都乾癬の会会長)、佐藤佳路子さん(あきた乾癬友の会代表)の三人。

 

 

スポンサーリンク

記事の内容

記事内では3人の実体験や乾癬患者に寄り添うお話を見ることができます。

・乾癬とは

・乾癬患者の日常と周囲の誤解

・患者同士でのコミュニケーション

・乾癬患者向けのLINE公式アカウントについて

乾癬患者のためのオープンチャット

記事内にもあるように、患者会でLINEオープンチャットを開設しています。

患者会のオープンチャット

東京乾癬の会(P-PAT) NPO法人東京乾癬の会P-PAT公式オープンチャット

あきた乾癬友の会 東北地方乾癬の輪

Psoriasis of Kyoto~京都乾癬の会~ 乾癬患者集まれ!関西~全国へ

どのオープンチャットも地域関係なく全国から参加者がいらっしゃいます。

匿名・無料なので、お気軽にご参加くださいね。

乾癬患者向けのLINE公式アカウント「乾癬を超えていこう-乾癬治療net-」

日本イーライリリーと鳥居薬品が共同で開発した、乾癬患者を対象としたLINEの公式アカウントサービスです。

乾癬患者の気になる衣食住に関してや、わかりやすい乾癬の漫画が配信されています。

こちらでは記事内で紹介された「仮想相談室」を紹介いたします。

仮想相談室

うまく主治医に症状を伝えられない、口に出したくない、などの悩みがある方に最適な診察シミュレーションです。

この機能は治療に関する希望をまとめた画面が自動的に作成されるので、それを主治医に見せることで言いたいことを伝えられます。

 

例えばこんなカードが作れます。

乾癬net_仮想相談室カード

乾癬は主治医との信頼関係も大切になってきます。

診察をスムーズに終えられるよう、うまく利用してみてくださいね!

 

↓ 記事はこちら ↓

 

合わせて読みたい記事

 

参考 AERAdot.

0
タイトルとURLをコピーしました